ホモロジー群の計算

動機がわかってしまえば全然怖くないな.前半なんとなく形式的な操作が定義されているうちはわかりやすいが退屈な印象だったが,穴の種類と数で分類しているという「お話」となんとなく結びついた瞬間から面白くなった.そして,代数と同程度には「まあやればできそう」な感じがしてきた.ホモトピー型理論とかで専門とも若干結びつくので,夏休みにでもちょっと腰を据えてやってみようか.

夕飯は久しぶりにカレーを食いに行く.タンドリーチキンうまい.