「習う」

演習の答案を出したら,「なんか数学を習ってたみたいな答案書きますね,やっぱり数学を習ってたんですか?」と聞かれた.そこに居る人たちはみんな数学習ってると思うけど…(cf. 大学院の授業なんだから,受講生は少なくとも学部時代に微積とか線形の単位を取ってるだろう).

理学系の人なので,「…を習う」とは,誰か先生について(セミナーを通して色々コメントされながら)教わることを意味するのだろうか.だとしたら NO のような YES のような,という感じだが….セミナーらしきセミナーは,B1 のときに,完全性定理から不完全性定理までを,当時 M2 だった K さんに教わったくらいだな.今思うと当時は何一つ理解できなかったけど.

とはいえ,証明の書き方とかは,独学で身につけた部分が大きいと思う.というか,大学受験のとき,そういう「そもそも (できることが期待されていないため比重が置かれていないので) あまり差がつかないところ」を丁寧に真面目にやっていたのが功を奏して居る気もする.そういえば,K 塾に入塾 (?) したときの最初の授業に向けて,「三角形の内心と重心が一致するならば,その三角形は正三角形であることを示せ」という問題を予習していて1,その時に急に「あー,証明ってこういうものか」というのを理解した覚えもうっすらとあるなあ.

数学の厳密な雰囲気に憧れて,B1 のときに無理して高木貞治の解析概論とか読んだりしたなあ.数ページで挫折したけども.でもうっすらあの時に「デデキンド切断」を理解した記憶が貯金となるので,実数論は「まあやればできるだろう」みたいな感覚で居る.

「大学数学は厳密なのが醍醐味だ!」とかいうけど,まあ今はそれはかなり一面的な物の見方で,実際には高校数学にはないダイナミックさもあって,そういう部分にももっと高校生に伝えるべき魅力があるんじゃないかと思ったりする.

閑話休題. B2 や B3 のときは,話に聞くような理学系の「セミナー」の雰囲気に憧れていた節はあって,「自分もあんな感じで数学教わりたいなあ」とか思っていたけど,まあ結局理解するのは自分でやるもんなんだよな.


  1. 最初なのでちゃんと予習していた.いくら私でも 3 週間ぐらいはちゃんと受験勉強してたよ.