西戸崎一歩手前まで歩く

先週に引き続き,西戸崎一歩手前まで歩いてみる.ちなみに去年の秋 (下記事) とほぼおんなじルート. varnothing.hatenablog.com

まずは田舎道を歩く.

f:id:acrost:20180415170409j:plain

んで,峠越え.車とすれ違うとどきっとする(きっと向こうもどきっとしていることだろう…すみません).

f:id:acrost:20180415170421j:plain

f:id:acrost:20180415170434j:plain

f:id:acrost:20180415170434j:plain

f:id:acrost:20180415170447j:plain

峠の頂上で,飯塚市を出で筑紫野市に.

f:id:acrost:20180415170500j:plain

f:id:acrost:20180415170514j:plain

降りる頃にはこんなことに.

f:id:acrost:20180415170526j:plain

んで,さらにぼちぼち歩いて太宰府市着.太宰府ときたら太宰府天満宮ということで行ってみる.

f:id:acrost:20180415170539j:plain

f:id:acrost:20180415170557j:plain

太宰府に来たらこれ,ということでソフトクリーム.左がゆずで,右が桜餅味.結構味が濃厚でうまい.

f:id:acrost:20180415170620j:plain

んで,これが目当てだったのだが,九州国立博物館の「王羲之と日本の書」という展示を見てくる.

f:id:acrost:20180415170632j:plain

f:id:acrost:20180415170643j:plain

もちろん中は撮影禁止なので撮影できないが,蘭亭序のどれかの写本の原本が見られたので満足.超メジャー古典しかよく知らなかったのだが,よく知らないものであっても,やはり書作品として見ても美しいものが多くて楽しい.というか,時代はだいぶ古いはずなのに,今にも通ずるような美意識の片鱗が色々見えて本当に面白かった.

んで,引き続き福岡天神へ向かって歩く.かなり飛ばして歩く.

f:id:acrost:20180415170648j:plain

f:id:acrost:20180415170713j:plain

んで,今回は時間がありそうなのでちょっと天神の温泉に寄ってから,西戸崎へ向かう.

f:id:acrost:20180415170739j:plain

やはり夜の都市高速が美しい.

f:id:acrost:20180415170824j:plain

f:id:acrost:20180415170813j:plain

んで,海の中道も美しい.

f:id:acrost:20180415170835j:plain

f:id:acrost:20180415170911j:plain

f:id:acrost:20180415170848j:plain

この後西戸崎まで行って見とくに見所がないので,雁ノ巣でゴール.

f:id:acrost:20180415170923j:plain

f:id:acrost:20180415170934j:plain

んで,記録はこんな感じ.70 km 超えて来て大変疲れたね.

f:id:acrost:20180415180141j:plain