大物を倒す

あんまり寝てない.寝てないせいで勢いで制御の教科書を買ってしまうなど.普段はプログラミング言語の研究ごっこをしているが,一方で機械学習とか制御とかも,やりたいことの親戚分野として気になってはいるのだ.

んで,証明としては大物を倒した.やはり大物を倒すとすごい開放感だ.結局984行の証明.うーん,こうしてみるとあんまり分量がないものであるなあ.しかも大半はシフトや代入関係の補題にとられているし.ちゃんと(非形式的な)証明書いてある教科書でも,(概念の定義とか準備とかのぞいて)3〜6ページぐらいでできてしまうっぽいし,そんなもんだろう.

さてこれで終わったわけでもなく,これをベースにした実装した Notation を試してみる必要がある.だがしかし.思った以上に場合分けとか仮定の方の操作が多いので,うまく実装した Notation はのっからないなという気もしている.それはそれで問題点が明らかになったのでよろしいとしよう.

とうわけで,昼は安心してカレーを食べに行くなど.そのあとちょっと仮眠る.

仮眠ていたら,某アレのために起こされる.傍迷惑な,と思わなくもないけど,事が事なので仕方あるまい.クジを引いたら何も書いてないのを当てた.事実上のアタリらしいが….K君には,思ってもない仕事を増やしてしまって申し訳ないな….が,まあ俺が悩んでもしょうがないので放置.

夜は後輩の発表を聞く.大半の同級生よりまともなことを言っている気がする.「大学では,学年と学力の相関はない」という実例がまた一個加わった.にしても,学年が上というだけでマウント取らなきゃいけないみたいに思っている人たちはなんなんだろう.しかもその挙句,マウントが明らかに間違ってる奴らもいるし.未だに数学できる面しときながら「行列式って結局なんなんですか」というごく基礎的な質問にもたじろいで俺に話振ってごまかしたあいつとか,誤解に基づくアレなのにこちらの話も聞かずに仕事なのに酷い形で途中離脱していった人とか,仕事なのにフェードアウトしていった人とか,なんの根拠もなく「ディープラーニングは理由がわからないので研究じゃない」と言い放ったあのあいつのことは覚えているぞ.まあそいつらのせいで,この大学の修士にいいイメージがまったくなかったのだが,幸いにして,所属研究室の修士が1.5人ぐらい除いてまともな人たちだったので,ありがたいものである.

閑話休題.ところで彼は卒業する気はあるのだろうか.今ならまだ間に合う気もするし,間に合う最後のタイミングという気もするが.疾走されると余計な心配しなきゃいけないのでよろしくない.せめて疾走する理由を言ってから疾走して欲しい.が,それができるぐらいなら疾走していか,がっはっはっは,という気もする.という冗談はさておき,自分も思い当たる節がいくつかあって,まあそれもあるかもしれないなと思って反省してはいるが,やはりもやもやするな.ホンネとタテマエを使い分ける文化なんぞろくなことはねえ.