釈然としない話

基本的には非はこちらにあって申し訳ないと思う気持ちもある一方,釈然としない話があった.伝言ゲームで「一方的に」伝わって来たことなので,誰にどう言ったら建設的なのかよくわからない.そこで,ここではその釈然としなかった部分に基づきつつも,その文脈とは独立した形で,もとの話とどこがどう対応しているのかわからないぐらいに,ものすごく抽象化して言うことにする.

私は,「機嫌でものを言おうとする人」のご機嫌を伺うのは,何があっても,絶対にすべきでないと思っている.それは善意につけ込んだ脅迫だから.自分が悪かったことにして片付けると楽なのはわかるが,それでそういう暴力を許していると,もっと重大な意思決定を誤るだろうし,結果的にもっとたくさんの犠牲者を出すことになりかねない.

飽くまで,まずは建設的に交渉しようとすべきなのであり,それで無礼な対応をされたと思ったら,適切に怒るべきであると思うから.

ところで,怒りを適切かつ論理的に発露するというのは,建設的な人間関係のために非常に重要なことだと思う.怒るべきタイミングで怒れる人にしか,重要なことは共有できないから.