読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生の「老害」について思うこと

大学生は,部活動やサークル活動など,さまざまな上下関係を伴う組織に所属している.

そういった組織の中で,能力がないにも関わらず,単に先輩というだけの理由で指導的立場に居座り,組織全体に害を成す「先輩」は,「老害」とよばれるらしい.老害とは,狭義には高齢者のみを指すらしいが,組織の中で相対的に高齢者である先輩を指して「老害」と呼んでいるのだろう.

さて,自分自身も,そろそろ学内で「老害」になれるようなポジションになってきた.最近私の口ぶりを快く思っていない雰囲気の知り合いには,さも私が「老害」であると言わんばかりに,「老害にならないように気をつけてね」と忠告された.そこで,いまいちど「老害」について思うところを書いておく.

長文を読む時間がないとか,長文を読む頭がないという人向けに,要旨をまとめておくと,次のようになる.

  • 確実に「老害」と呼ばれない方法は,後輩と関わらないことか,無思想でいること.
  • 学ぶことを放棄した瞬間,すでに「老害」と言われても仕方がない.
  • 老害」と呼ばれないために,若者に迎合するのは,一番タチの悪い「老害」である.
  • 老害」と呼ぶ方がバカな場合も,多々あるだろう.
  • 老害」と言われてからが,学ぶチャンスなのではないか.

確実に「老害」と呼ばれない方法

老害」と呼ばれないための一番簡単な方法は,後輩と関わらないことか,無思想でいることである.後輩と関わらないことは,それ自体に良いも悪いもないと思うが,無思想は確実に悪い.そもそも私は,人間は何かしら思想を持って生きるべきだと思っているし,思想のないところに良いモノは生まれないと思っている.大学での学びとは世界観の構築に他ならないと考える以上,無思想なところに良い世界観が宿るはずがない.

ところで,そういうまともな思想があれば,それを誰かに伝えたいと思うのは,おかしなことではない(もちろんそうは思わない人もいるだろう).まともに学んで,ある程度人にきちんと論理的に説明できる思想がある一方で,「老害」と呼ばれず後輩と関わりたい人はどうすればよいだろうか.

学ぶことを放棄した瞬間,すでに「老害」と言われても仕方がない

それはおそらく,学ぶことを放棄しないことだと思う.先輩とは,後輩に教えを垂れるものではなく,後輩と一緒に学ぶものなのである.それを放棄した瞬間,「老害」と呼ばれても仕方がない.

学ばない先輩は,自分が,今できることしかしない.そういう人と協働をする後輩は不幸である.どんなにやる気があったとしても,先輩の能力以上の仕事をすることができなくなるからである.それでは優秀な後輩に恨まれ,「老害」とよばれたとしても仕方がない.

自分より優秀な後輩は常に現れ得る.よほど特殊な環境にいない限り,世の中をきちんと見ていれば,そういうことはわかるはずなのだが,それがわからない人もいるようである.人の能力は,その人の学年や肩書きによって判断できると思って疑わない人たちである.まさに井の中の老害である.

老害」と呼ばれないために,若者に迎合するのは,一番タチの悪い「老害」である

老害と呼ばれないために,若者に迎合する「先輩」がいる.「後輩の言うことを尊重する」などといいつつ,何か聞かれたら通り一遍の答えを並べ上げるだけで,それ以外に自分からは何も主体的に関わろうとしない人たちである.適切なタイミングで「ヒント」を与えることが,先輩の唯一の努めだと思っているのである.こういう人たちは,後輩にどういうことを学んで欲しいかとか,そういうことには一切興味がないのだろう.「いい先輩」としての立場を守ることだけを考えているのである.

後輩は,こういう人たちのことを,「ヒントをくれる優しい先輩」と思うらしい.しかし,こういう人たちについていって得るものはあまりない.仮に得るものがあるとしても,別にその先輩からじゃなくても高い確率で得られるものだったのではないか.

老害」と呼ぶ方がバカな場合も,多々あるだろう

はっきり言って,人が集まれば,優秀な人もそうでない人もいる.優秀でない人はしばしば,優秀な人の何が優秀なのかわからない.優秀じゃない人が「老害」と呼んでいる先輩は,実は老害でない可能性が高い.

大学生にありがちなのは,何一つ論理的な批判ができないくせに,単に好き嫌いの問題で「気にくわない」先輩を「老害」と呼んでいる人である.自分の好き嫌いこそが普遍的な論理だと思っている「お客様」である.大学生なら,批判の一つぐらいきちんとできるようになるべきだと思うが,その能力もその勇気もないので,ありふれた侮蔑語を陰で言うしかないわけである.そういう人たちは,深夜のコンビニで,高校生や大学生のアルバイト店員に,大した理由もなく怒鳴りつけている迷惑な「お客様」と大差ない.そういう人に「老害」などと呼ばれるなら,むしろきちんと仕事をしていることの証であり,誇るべきことなのではないか.

老害」と言われてからが,学ぶチャンスなのではないか

大学生が,後輩に「老害」と言われたらショックだろう.しかし,だから安直に後輩に優しくしよう,などと思うのではなく,自分の何が問題だったのか(あるいは自分の何が問題でなかったのか),冷静に振り返ることから始めたい.老害と言った方が的外れな場合もある.

重要なのは,「老害」といわれることを契機に,再び学び始めることだと思う.

おわりに

大したことを言っていない気がするが,とりあえず思うところを書いておく.多分,この文章を最後まで読んでくれた人は「何を当たり前のことをずっと言っているのだろう」と思ったことと思う.それは,こういう文章は,本当に読んで欲しい人には届かず,読まなくてもいい人のもとに届くからである.

日記 2017/03/26

やや体調が悪くて,わりとゆっくりしていた. その分自分の数学が捗った.

日記 2017/03/24

昨日は書きにくいことが色々あって疲れた.

酔った勢いで,某会のLTの申し込みなどをしたけど, 話すことはたくさんあるので別に良い.

なるべく毎日この日記を書くようにしたいが,なかなか難しいなあ.

日記 2017/03/22

ギリギリ午前起床. 午前中は,院試の勉強のため,データ構造とアルゴリズムと,オートマトンと言語理論の問題をちょこっと作った.

午後はそれらの問題を解いてもらいながら,ダラダラしていた. 特に進捗はなし.

日記 2017/03/20

午前中は,某HaskellSkype勉強会に参加していた.Functorとか,Applicative Functorとか. まだ圏論Haskellのつながりがよくわかっていない.

午後は,ブログを開設したり,\(\LaTeX\)でレイアウトに苦戦したりした. そのあと,久しぶりに自分の数学をした.とはいえ,プログラム運算をちょっと復習しただけ.

合格おめでとう − 九州工業大学情報工学部新入生へ −

はじめに

九州工業大学情報工学部新入生のみなさん,合格おめでとうございます.

みなさんが九工大に入学するのが本意なのか,不本意なのかわかりません.本意で入学したみなさんは良いのですが,不本意で入学した皆さんは,しばらく気持ちの整理が大変かもしれません.しかし,九工大には,思ったよりも面白い人たちがたくさんいますので,あまり斜に構えず,大学生活を楽しんでほしいと思います.(少なくとも,最初数回の講義だけで「クソ大学だ」と判断して,大学を去るのだけはやめた方がよいと思います.大学の真価は,講義以外のところにこそあると思うからです.)

みなさんには,どの大学を受験するか選ぶとか,実際に合格した大学に入学するか浪人するか選ぶとか,大きな選択の機会がたくさんあったと思いますが,「選択」は,選択する前よりも,選択した後の方が大事です.ぜひ自分のした選択に自信を持って頑張ってほしいです.

この文章の筆者について

筆者は,九州工業大学情報工学部の一学生です.具体的に言うと,知能情報工学科の新4年生です.人工知能に興味があります(と言っておけば世間様のウケが良いのでそう言っています).

なぜこの文章を書いたか.

さて,今ごろから,4月の終わり頃ぐらいまで,色々な先輩が,寄ってたかって,聞いてもない「ありがたいアドバイス」を色々と言ってくると思います.鬱陶しいと思いますが,先輩方の自尊心に関わる問題ですから,どうかニコニコしながら,きちんと聞いてあげてください.とはいえ,アドバイスの内容は玉石混交(良いものもあれば悪いものもある状態)なので,内容が本当かどうかは,自分の頭で考えましょう.

なので,わざわざ私が出しゃばって「ありがたいアドバイス」なんかしなくても,必要なことはすべて,もっと社交性の高い先輩たちが後輩に伝えてくれると思っていたのですが,どうやら,私が重要だと思っていることが色々と伝えられていないようなので,ここにでも書いておきます.大学新入生に限らず,新2年生ぐらいまでは読んで意味のある文章だと思っています.新3年生以上は手遅れなので諦めてください.

単位と勉強について

九工大生の何割かは,「単位」をとることが勉強であると勘違いしています.全然違います.勉強したから単位が出るのであって,単位が出たからといって勉強したことにはなりません.

本来なら,きちんと学んだ証として「単位」が認められます.しかし,前日に気合を入れて丸暗記するなどすれば,意外と簡単に「単位」は揃ってしまうのが現実です.丸暗記で乗り切って単位を取ること自体に文句を言うつもりはないですが,そうして得た単位は,大して自分の実力になっていないことを知っておくべきです.

「単位は一通り揃えたが,何の実力もついていない」ということにならないように,注意して勉強していって欲しいと思います.

講義と勉強について

色々な人たちから,「講義に出席することが最善の勉強である」という説明を受けるかもしれません.あえてこれには反論しませんが,とりあえず「講義には一通り出席したが,何の実力もついていない」ということにならないように,注意して勉強していって欲しいと思います.

意識高い系の勉強について

九工大には,意外に意識の高い集団が色々いて,定期的に勉強会を開いたりしています.そういう人たちに混ざって「自分の勉強」を進めていくことは大変良いことだと思いますが,くれぐれも以下のことには注意して欲しいと思います.

  • いろんな集団に所属しすぎない:本当に自分の実力がつくと思った集団1,2団体にだけ所属して,そこでしっかりやりましょう.いくつも掛け持ちすると,身体が持たないか,全部適当になるか,どちらかです.

  • ほんとうに自分自身に実力がついているか自問する:意識の高い集団に所属しただけで,意識が勝手に高くなることはあっても,実力が勝手に上がることはありません.自分が苦労することによってのみ,実力が上がります.苦労を人任せにするために団体に所属するのではなく,きちんと自分で苦労するために団体に所属しましょう.

文章の読み書きをできるように

我々はなんとなく日本語を読み書きしているので,いつのまにか,自分には読み書き能力に問題がないと思ってしまいがちです.しかし,それはそのレベルのコミュニケーションしかしてこなかったからであって,より高度な事柄についてコミュニケーションしようとすると,途端に読み書き能力の不足が問題になってきます.

文章の読み書き能力を向上するために重要なことは,「普段から,強く意識して文章を読み書きすること」だと思います.文章を読むときは,「この人はなぜこのひように書いたのだろう」「この人は自分に何を伝えようとしているのだろう」と,常に問いかけながら読むと良いと思います.一方,文章を書くときは,「読者に正確に伝えることができているだろうか」「読者にとって読みやすい文章を書くことができているだろうか」と,常に問いかけながら書くと良いと思います.

複雑なことを,正確に,しかもわかりやすく表現するというのは,本当に難しいことです.一朝一夕ではなかなか身につかないと思いますが,お互い頑張っていきましょう.

最後に

先輩ツラをしていろいろ言いましたが,一番大事なことは,先輩の言うことを鵜呑みにせず,自分の頭で考えることだと思います.妥協せずに考え抜いて欲しいと思います.

九工大に入学されたみなさんが,卒業時には,何か一つでも,他人に誇れる実力を身につけていて欲しいと思っています.お互い頑張りましょう.